透明盤の使い方透明盤の使い方


あらかじめ話し手が聞き手に送る「OK」の合図を決めておきます.

@
聞き手は盤をもって お互いに盤の文字などが見やすいように姿勢を調整します.

A
話し手は伝えたい文字などを見つめます.

B
聞き手は話し手と視線が合うようにゆっくりと盤を動かします

C
聞き手は話し手と視線が合ったら 視線の間にある文字などを読上げます.

D
話し手は聞き手が読上げた文字などが正しく伝わっていればOKの合図をします.(違っていれば合図をせず見つめ続けます.)

このように1文字づつを確定しながら伝達します.慣れてくればかなりの速さで伝達できるようになります.

どこを見ているか視線が読み取りにくい時は、片目をつむって見ると見やすいです.


テンシル

〒814-0113
福岡市城南区田島2-16-8
TEL.092-404-5560
FAX.092-404-5561